地域のつながりを考える会

2012/03/29 スタッフブログ, 新着情報 by admin


3月25日、大槌町の赤浜小学校で、公開ワークショップ『地域のつながりを考える会』
が、開催されました。

200
この会は、今後のまちづくりを住民皆で考えようと地元の有志が企画したもので、 釜石・
大槌の地域住民約50人が参加しました。

専門家の方々が地元の復興計画を交えて、現在の状況を説明した後に、 住民からの
質問や意見交換がなされました。
252
「現在のまちつくりの議論は、防潮堤ありきの議論になっているが、壊れない防潮堤な
どありません。」 という専門家の言葉には、「復興計画には、納得をしていないが、何を
どうしたらいいのかわからないし、 どこに声を上げたらいいのか?」と戸惑う住民の声が
ありました。

「防潮堤の有無は別問題。まずは、夜に津波がきても、逃げる必要のない安全な場所に
住まなくてはいけない。防潮堤の有無よりも、とにかく安全な町づくりを始めましょう!」
との専門家の言葉に、皆の思いがつまっていたように思います。

他にも私達住民では、知り得ない情報などが、専門家の方々より提示されたことで 住民
の方々には本当に有意義な時間になったと思います。

現在、大震災の余震とみられる地震が頻発していますが、 地震・津波から心と体を守る
にはどうしたらよいのか?
今後は行政だけに頼らず、住民も共に考えていくことが必要なのではないでしょうか。

第2回目以降も開催予定だそうなので、興味のある方はぜひ参加してみてください。

(友洋)


タグ: 

コメントを行う


kickoff-rias