【復興支援イベント】鵜住居日向(ひかた)D仮設『とうろう』『カップちらし』作り

2012/02/20 イベントレポート, スタッフブログ, 新着情報 by admin


2月18日(土)、【釜石市鵜住居町】鵜住居第2仮設団地(日向D仮設:談話室)
にて、3月が近いと言うことで、ひなまつりにちなんだ、『灯篭(とうろう)』『カップ
ちらし寿司』作りを行いました。

今回のこのイベントは、アットマークリアスNPOサポートセンターの【地域再生コミュ
ニティー再生事業】の一環として、日向地区の仮設住宅や近隣住民、みなし仮設で
ある、市営・県営・雇用促進住宅の住民の皆さんのコミュニティー形成や、親睦を
深めるために企画いたしました。 

2012.2.18_sh

今回は、盛岡で活動をしている、『町屋サロンピッピ』さんにご協力をいただき、ひな
まつりの灯篭作りを行いました。
参加者の皆さんは会話を楽しみつつ、楽しく作業を行っていました。

灯篭作りでは、灯篭の枠は『町家サロンピッピ』さんに事前に製作して頂き、中の円筒
状の回転する部分に、自分で台紙に絵を描き、切り抜きます。

2012.2.18_sh7

そして、『町家サロンピッピ』のスタッフさんによって透明のシートを張ってもらい、
色を塗る作業を各自で行いました。

灯篭は中にろうそくを立て、ろうそくの熱によって回る仕組みになっています。

2012.2.18_sh2

写真は参加したお子さんが作った灯篭です。とてもかわいらしい出来栄えです。

 

お昼には、@リアスのスタッフで下ごしらえをしたカップちらし寿司を、参加した皆
さんは、自分の思い思いに盛り付けを楽しみながら、談話室で食べました。
2012.2.18_sh3

今回もたくさんの人に参加していただき、無事にイベントを成功させる事ができました。
参加者の皆さんの笑顔や温かい言葉に触れ、我々スタッフも元気をもらう一日になりました。

本当にありがとうございます。

(*さつき*)


タグ: 

コメントを行う


kickoff-rias