被災地視察。鵜住居編

2013/03/25 スタッフブログ, 新着情報 by admin


先週の3月22日(金)に、釜石の仮設住宅にお住まいの方たちの『心のケア』で訪れ
ている、 【team Japan 300】さんと【株式会社 電通】の皆さんに釜石の町で被害の多
かった、 鵜住居地区の今の様子を視察して頂きました。

まず、はじめに鵜住居町にある鵜住居駅付近に車を停めて、実際に車を降りてかつて
の鵜住居駅のホームだったところを案内しました。
IMG_0548 IMG_0549
震災前は、このホームから見える景色は住宅が立ち並び、駅からは釜石東中学校、鵜
住居小学校が見えていましたが、今の現在の風景はただ更地から広がり、過去の面影
のないものでした。

続いて、【鵜住居地区防災センター】をご紹介しました。
IMG_0550 IMG_0552
この防災センターであった事実をもっともっと広めていき、今後このような悲劇の起きな
いように防災意識や復興計画を立てて行かなければなりません。

次は、『team Japan 300』さんが良く訪れている、【釜石市・鵜住居町仮設団地(A~D)】
の田郷D仮設に少しお邪魔させて頂きました。
談話室入って見ると、仮設のお母さんたちは、何やら手芸をやっていました!!

IMG_0559 IMG_0557
こちらでは、お母さんたちと楽しく談笑しながら、今の被災地の現状や県外の方たちの
どのような支援を求めているのか!!などをお話しました。

震災から今月で2年が経ちました。もう2年。まだ2年。感じ方は人それぞれ。
気持ちのゆとりも人それぞれです。
まだ、あの日から時間が進んでない方もたくさんいます。
これからも『team Japan 300』さん 『電通』さんには、今後も被災地の心のケアのサ
ポートをお願いしたいと思います。

【さつき】


タグ: 

コメントを行う


kickoff-rias