街が変化しています。釜石市≪市街地(大渡・大町・浜町)≫

2013/02/08 スタッフブログ, 今日の釜石・大槌, 新着情報 by admin


今回は、街が変化しています。釜石市≪市街地(大渡・大町・浜町)≫と言う事で、
変わりつつある釜石の市街地の様子をお伝えします。

まずはじめに、【釜石市大渡町】は、幹線道路沿いには商店街が営業しています。
海側の市街地と比べると、それほど被害が無かったように思われますが、被害を
受け、建物を修復して営業しているところがほとんどです。
その中には、建物が解体され、更地になっているところもあります。
20130208_ss (9)
【釜石市大渡町の様子】

つぎに、【釜石市大町】の様子ですが、こちらも幹線道路沿いには商店が並び営業して
おります。
こちらも残った建物を修復したりして営業しているところがほとんどです。
20130208_ss (6)
【釜石市大町の様子】

しかし、一歩通りを抜けると建物の解体が終わり更地になっているところが数多くあります。
表通りの景色と裏通りとのギャップがあまりにも大きく、いつも驚かされます。

20130208_ss (16) 20130208_ss (18)
【釜石市只越町1丁目付近の様子】

20130208_ss (19) 20130208_ss (22)
【釜石市大町1丁目付近の様子】          【釜石市只越町1丁目付近の様子】

しかしながら、解体作業だけが行われているわけでは無くて、【釜石市只越町】には、
新しく『釜石復興ビル』と言う建物ができました。
この建物は、主に復興事業に携わっている建築・解体業者の皆さんやボランティアさ
んなどの宿泊施設を確保しようと昨年11月に完成し、営業しています。
6階建てで70室ある部屋のほとんどが、ほぼ満室状態が続いていると言う事でした。
でも残念ながら、一般のホテルとは違い暫定的な宿泊施設であるため、一般の人は、
宿泊できないようです。
20130208_ss (12)
【釜石復興ビル(釜石市只越町)】

そして、前回のブログ『復興ジョギングのススメ』【釜石市浜町~新浜町】でも少しご紹
介しましたが、【釜石市魚河岸】にあった【釜石港湾合同庁舎】も津波の被害を受け、
この度、建物の改修工事が終了した為、釜石市上中島町の仮庁舎で業務を行っていた
【釜石海上保安部】も元の場所で業務が出来るようになりました。
釜石海上保安部は、昭和23年に釜石海上保安署として発足し、現在では、北は野田
湾(岩手県九戸郡野田村)~南は広田湾(岩手県陸前高田市)に及ぶほぼ岩手県沿岸
すべてをカバーするエリアで、海上の治安維持・海難救助・海上交通の確保などの業
務を行っており、三陸の海の安全を見守っています。

20130208_ss (25)
【釜石港湾合同庁舎(釜石市魚河岸)】

この他にも釜石市内には、改修工事などをして新しくなっていく建物もあり、着実に復興
の足音が聞こえている事を実感しています。

(shingo)

 

 


タグ: 

コメントを行う


kickoff-rias