【峠の名前の由来】 ~仙人峠~

2012/10/22 スタッフブログ, 今日の釜石・大槌, 新着情報 by admin


岩手県釜石市と遠野市を結ぶ峠に、『仙人峠』という峠が存在します。
この峠の名前の由来について、ご紹介したいと思います。
- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

先ず、この峠は、鎌倉時代より人々に利用されていたのではないかと言われています。
標高は、887メートル。昭和34年(1959年)には、仙人トンネルが開通し、交通の利
便性が非常に上がりました。

峠の名の由来には、いくつかの説がありますので、そちらをご紹介したいと思います。

由来その①・・・名の通り、その昔、仙人が住んでいたからと言われています。
由来その②・・・アイヌ語の【セレコ】が訛り、【仙人】になったといわれています。
           意味は、『背骨の高い場所』
由来その③・・・千人の金堀りの人夫が、麓にある鉱山で生き埋めになったからと言
           われています。

仙人① 仙人②

仙人③ 仙人④
                【平成24年10月現在の仙人峠】

そして、10月28日(日)には、【第3回 かまいし仙人峠マラソン大会】が開催されます。
過去の参加人数は、第1回目は635名、2回目が815名、そして、第3回目の今年は、
過去最高の1,125名(参加予定人数)と、 年々増加しております。
開催日には、紅葉も色づき、秋を感じる景色を楽しめるのではないかと思います。

以上、仙人峠の名の由来の紹介でした(^o^)

(hiro)


タグ: 

コメントを行う


kickoff-rias